SEO対策を現役のホームページデザイナーより。実戦を交えSEO対策を解説。SEO対策の定番の応用と独自手法でデザインに負担をかけないSEO対策。

SEO対策を現役ホームページデザイナーよりお届け

カテゴリー
SEO対策の秘訣


最低価格でドメイン取得
SEO対策には複数のドメイン
効率的にSEO対策が行えます


容量3GBで1500円/月
大容量を生かしてSEO対策
サブドメイン無制限に設定可能

最近の記事
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20061204]

 ではでは、まず、見出しタグについていってみましょう。見出しタグというのはご存じの通り、h1 h2 h3 h4といったあれです。SEO対策においてとても重要な事なのはもう常識となっていますね。またもしこれからホームページを制作作成しようと思っている方は、とても重要な事なのでぜひ覚えておいてください。

 見出しタグの前にSEO対策においてもっとも重要なのは、そのホームページです。ここの言葉は一番重要ですよね。しかしタイトル部分でのSEO対策というのはだれもが重要だと認識して対応しています。言い換えると、タイトルの部分での対応はSEO対策といえる事がしてあって当たり前になっています。という事は、それ以外の部分で差を付けなくてはならないわけですよね。

 ということで、hタグについての続きを読んでくださる方は、続きを読むから進んでください。

 h1、h2、h3などの見出しタグは、SEO対策において重要だという事は、どんなSEO対策の本を読んでも書いてあると思います。これについては実際にホームページを作成してもほんとに重要だと思います。いくつものホームページを作成してもとても効果的であると認識できます。

 ではなぜ、見出しタグを使わないホームページがあるのか?と思いませんか?多分、ですが、想像してみると、本当に知らないか、SEO対策をする意識がないのか、またまた、デザイン的に問題がでるから使用しない。といった事が考えられます。

 確かに見出しタグって、ふつうに使うだけだと、アクセスしてくださるユーザーの環境次第で大きさは変わってしまうし、フォントは形の悪い物しか使えないし、さらには上下に大きな隙間が空いたりとか、とんでもないところで改行してしまう可能性がありますよね。
 これではとても安心して見出しタグを使う事はできません。見た目度外視のテキストベースでデザインしているホームページでしたら問題は少ないかもしれませんが、それにしても選択肢は多いに越した事はないと思います。

 ということで次回からデザイン的に有利な見出しタグの使い方について書かして頂きたいと思います。


2006-12-04(Mon) 19:39 見出しタグとSEO対策 | 編集 |
HOME
copyright © 2005 cqwmw603 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
HP制作のみなもと


これも大人気のラブコスメ
女性向けアイテムは必見です
男性の気を引くコツはここに有り

RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。